2013年11月08日

ポンド円を1分足スキャルピングで攻略だー!

チャートは1分足のろうそく足。

まずはボリンジャーバンドの2〜4シグマとセンターライン(移動平均線=20)を引く。
センターラインは識別しやすくするために太線で描いている。

センターラインの方向で、下降 または 上昇 とトレンドを把握する。

下記のチャート例の様な上昇トレンドの時にはポンド買いのみのトレードとする。欲張って両方取ろうとしない事が大切である。(センターラインが上昇の場合には+2シグマでのポンド売りは仕掛けない。)

基本的にトレンド方向(1分足なのであくまで短期的には)への順張りトレードになる為、勝つ確率は大きくなるはずです。

−2シグマに当たってから反発するタイミングでポンド円を買い ⇒ +2シグマに当たったところで利食い。
青い〇で参入、赤い〇で利食いの買いの回転が3回出来ている。
1分足のろうそくが+2シグマに当たるところで反転する動き。

センターラインが上昇なので、順張りは買いから入る方向。
ポンドは動き始めたら一方向に動くことが多いので、逆張りは非常に危険。
順張りでポジションを取り、利が乗ったら更にポジションを積み増すような利乗せも有効なトレーディング。

トレンドラインを意識して、高値、安値を更新する動きがあったら、逆指値(順張り)で付いて行くようなトレーディングの方が大相場を取れる可能性が高い。

ポンド円は他の通貨と比べて、ボラティリティが高い(変動幅が大きい)ので変にナンピンを行わず、やられた場合にはポジションをひっくり返して流れについて行けば十分やられを取り返すことが可能である。

資金管理をしっかりと行い、証拠金いっぱいにポジションを建てないことが大切。
最初に設定した損切りポイントでは水準を変更せずに、しっかり損切りするようにしよう。

ポンド円の1分足チャート
ポンド円チャート.gif



ラベル:ポンド円 攻略
posted by あきら at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | スキャルピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。